長崎には歴史を感じさせるような観光地が沢山あります。国内旅行に行ったときには、訪れてみるといいと思います。

祖父母を連れて、国内旅行へ出かけよう!
祖父母を連れて、国内旅行へ出かけよう!

長崎の国内旅行での観光地

長崎には定番のスポットが沢山あります。定番のスポットにはそれなりに設備が整っていて、観光しやすいという長所があります。そんな国内旅行でも定番の観光地をいくつか紹介してみようと思います。一か所目は長崎原爆資料館です。長崎市への原爆投下に関する資料を多く集めた市立資料館です。長崎市平野町に位置し、平和公園の一角として存在しています。二か所目は端島です。海底炭鉱によって一時期は東京より人口密度が高くなっていたほど栄えていた島だったのですが、閉山とともに島民が一気に島を離れ、現在は無人島と化しています。軍艦島という愛称でも知られています。

三か所目は稲佐山です。長崎市市街地の西に在り、山頂は観光地として有名で人気があり、昼夜に関係なく多くの観光客でにぎわっています。標高は333mと低めですが、展望台からの景色はまさに絶景です。特に夜景は素晴らしく、函館の函館山、神戸の六甲山と並んで日本三大夜景として親しまれています。四か所目は平和公園です。長崎市松山町にある公園です。1945年8月9日に投下された原爆の落下中心部と、その北側にある丘の上を含めた地域に、平和を祈って建設された公園です。入園は自由で、面積は約18,6haほどです。

その他、おすすめのページ