私は大学時代に国内旅行をして、47都道府県をすべて周りました。その時に感じた日本の良さについて書きます。

祖父母を連れて、国内旅行へ出かけよう!
祖父母を連れて、国内旅行へ出かけよう!

国内旅行で感じた日本の良さ

私は国内旅行が大好きです。大学時代はお金がなかったので、海外旅行には手が出ませんでした。そのため、海外は社会人になってお金が貯まったら行こうとも目標にしていました。その代わり、大学時代には47都道府県すべてを回ると決めていました。海外に行く前に、自分の国の良い処や素晴らしい景色、文化を知っておきたいという思いがあったからです。大学時代は4年間あります。また、夏休みなど長期の休みは1カ月ほど時間がありますので、47都道府県を回るには十分な時間がありました。長期の休みで、遠くの場所へ出かけ、土日など授業がない時には近場に行くようにしていました。

大学時代に行った旅行はとても楽しかったです。思った通り、日本はとても広かったです。47都道府県では、気候や食文化が全然違いました。また、見える景色も山や川、海など同じ国だとは思えないほど違っています。大学時代の友達には、海外旅行を中心に出かけている人が多かったような印象があります。しかし、そんな人にもぜひ国内旅行にもたくさん出かけて、日本の良さを感じてほしいと思います。そして、海外旅行先で出った人に、日本の良さを伝えてもらえるといいなと思っています。

その他、おすすめのページ